謝恩会の季節
幹事になったら

2020/02/08 20:09
謝恩会の季節<br/>幹事になったら

 謝恩会とは

感謝の意を伝えるために開かれる会Embarassed

卒業生が教師に感謝する目的で開く会Embarassed

主催者は卒業生(幼い場合は父兄の場合も)Embarassed


幹事のお仕事

💡おおまかな流れ

最近では謝恩会を行わない場合も多くなってきているようですが、開催される場合はこのような流れが定番になります♪

1.開会のあいさつ

2.卒業生又は保護者代表の挨拶

3.先生方の紹介

4.食事タイム

5.出し物(食事タイムと同時進行の場合あり)

6.卒業生からの挨拶

7.先生方からの挨拶

8.開会の挨拶

💡幹事になったら確認したい事

幹事さんには忙しく大変なイメージがつきもの!実際に調べてみるとお仕事の内容もやはり色々ありました。会の規模にもよりますが、準備期間が必要なものがあるので効率的にやりたいですね!準備期間には1ヶ月から2ヶ月かけてる場合が一番多く、幹事さんになると本当に忙しい日々の始まりです💦

~幹事さんのお仕事の例~

Embarassed前年度の幹事から情報を引き継ぐ

Embarassed予算や会場の確認や手配

Embarassed司会進行者、挨拶をする人を検討

Embarassed出し物や余興の内容を検討

Embarassedプレゼントの内容を検討

Embarassed招待状やプログラム作り

Embarassed食事やお菓子などの費用確認

Embarassed花束の手配

EmbarassedBGMなど(必要な場合)

Embarassed挨拶文を検討

💡出し物のポイント

食べ物や会場費などは予算によって変わってきますが、「出し物や余興」はどの年代の謝恩会でも定番のものが喜ばれているようです。謝恩会でも「出し物や余興」は印象に残るパートになるはず!定番のものをいくつかご紹介します♪

スライドショー

プロジェクターやスクリーンなどを使っての鑑賞はぜひ!写真をスライドしたり動画を編集して流したりと準備はある程度必要ですが、感動してくれる方が多いのでチャレンジしたいですね!

先生方や保護者の方々にもやはり好評です。飽きないように10分程度でまとめてみるなど時間もポイントになります。最後の部分に先生方へのメッセージをいれるとより感動的に演出できますよ!

ゲーム

みんな参加型のゲームは定番ですね。ビンゴやジェスチャーゲーム、〇×ゲームなどのルールが簡単なものが人気のようです。参加者全員が楽しめる事をポイントにしてみましょう。ジェスチャーゲームや〇×クイズなどは、クラス対抗戦やチーム戦にするとより盛り上がりますよ♪

今回調べたゲームの中で面白そうだったものが「名前あてゲーム」です。先生や子供たちの赤ちゃんの頃の写真を見せて誰のものか当てるゲームなんですよ。“意外とあの先生が天使のように可愛らしくてびっくり!”なんてことを発見できるかもしれませんね!

ダンスや歌などの発表

これは練習期間も必要になる為、以前運動会や発表会などで踊った事のあるものを短くしたりするのがおすすめです。先生方との思い出という感じの発表になればよいですね♪

また発表するのは生徒だけとは限りませんよ!先生の隠れた特技を披露してもらう演出も謝恩会ならではです。先生に何か意外な特技があるか聞いてみましょう!普段とは違う一面を見れたら印象的な演出になりそうですね♪

感謝を込めて楽しむ気持ちが一番

Laughing「準備期間」には余裕を持って

Laughing「演出には定番」がやはり安心

Laughing「先生方も演出参加」を依頼してみましょう

幹事になるとやる事が多くては大変ですし、参加者全員を満足させるのはとっても難しいですよね!半数ぐらいには満足してもらえるかな♪楽しんでもらえるはず♪ぐらいを目安にアイディアを考えてみてもいいかもしれません

『今日は楽しかった』と幹事の自分も思える謝恩会になると素敵ですね💓